出張費で得する方法

私は仕事柄、出張が多い仕事をしています。出張中に頭を悩ませるのが出張費用です。もちろん会社からある程度の出張費用が支給されます。しかし、支給額が必要最低限に抑えられているため、仕事帰りに飲みに出かけるとなるといくらか自腹しないといけない場合があります。世のサラリーマンを悩ませる出張費、実は宿泊費をうまくやることで得する方法があるのはご存じでしたか?これから紹介する方法は宿泊費を上手にやりくりして得する方法です。会社の規定などをよく確認してからチャレンジしてみてくださいね。

クオカードプランって何?って思ってたけどそういうこと!

じゃらんや楽天トラベル等を利用して出張先のホテルを探すことがあると思います。ホテル予約サイトを見ていると、まれに「クオカード500円付きプラン」など、クオカードがセットになっている宿泊プランを目にすることはありませんか?

このクオカードプランは、宿泊費用にクオカードの代金がプラスされた価格が表示されており、始め目にしたときは、なぜこのようなプランが存在するのか理解することができませんでした。例えば通常のプランは一泊5000円なのに対し、500円のクオカード付きプランなら5500円といったような内容です。だったら料金の安い5000円のプランで事足りるのでは?というように、私は、「このクオカードのプランってなにか意味があるの?」のずーっと思っていました。

しかし、自分で出張が頻繁になると、その意味を理解することができるようになりました。

出張の場合は大抵、宿泊費用は会社が持ちます。宿泊先に領収書を発行してもらい、経費精算を行うことが一般的です。例えば、クオカード5500円の宿泊プランの場合、会社に請求できる宿泊費は5500円となり、この金額は後に給与と共に手元に戻ってくる分です。

もうお分かりですね。このクオカードプランの場合、会社に経費として請求できる金額の内にクオカードを含めているのです。そうすると、宿泊する現地で500円のクオカードを受け取り、その上で5500円の出張費を経費として計上できるため、結果として500円分得をすることができるのです。

もし、通常の5000円のプランで宿泊したとすると、経費として支払った5000円がただ、経費精算を経て手元に戻ってくるだけです。

この方法は会社の側からすると、業務上横領に当たる可能性もあるので、少し気を付けなければいけませんが、特に問題が無いということであれば、出張費を浮かせて得する方法なのでぜひ活用してみてくださいね。